ビビ太郎

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 21684.58%
(=217.85倍)
節あたりの上昇率 0.712%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
18.1%
(36.2万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(759) - 0.712% 12.77% 0.495(376)
0.058(44)
0.018(14)
0.244(185)
0.072(55)
2022年秋季レース(9) m 2.312% 22.84% 0.778(7)
0.111(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2022年夏季レース(13) p -0.305% -3.91% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
0.000(0)
2022年春季レース(13) p 2.393% 36.00% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2022年新春レース(13) m 0.690% 9.37% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2021年秋季レース(13) o 1.833% 26.62% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.538(7)
0.000(0)
2021年夏季レース(13) m -0.447% -5.64% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2021年春季レース(13) o 0.967% 13.33% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.385(5)
0.000(0)
2020年秋季レース(13) o -1.175% -14.24% 0.538(7)
0.077(1)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
2019年夏季レース(13) m -1.082% -13.20% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
0.000(0)
2019年春季レース(12) o 0.594% 7.36% 0.500(6)
0.000(0)
0.083(1)
0.833(10)
0.000(0)
2019年新春レース(12) m -0.808% -9.30% 0.250(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.917(11)
0.000(0)
2018年秋季レース(13) m -3.234% -34.79% 0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) p -0.600% -6.96% 0.417(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.250(3)
0.000(0)
2018年春季レース(13) p 1.564% 22.34% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
1.000(13)
0.000(0)
2018年新春レース(13) p -0.645% -8.06% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年秋季レース(13) p 0.432% 5.78% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) p 0.859% 11.75% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) p 0.704% 9.54% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年新春レース(13) p 0.051% 0.65% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年秋季レース(13) p 1.503% 21.44% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(13) m 2.656% 40.58% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年春季レース(13) m 0.172% 2.27% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年新春レース(13) p -1.007% -12.32% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.308(4)
0.077(1)
2015年秋季レース(13) p 0.285% 3.76% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年夏季レース(13) m 2.191% 32.55% 0.462(6)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年春季レース(13) o 3.052% 47.86% 0.462(6)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) m -0.306% -3.90% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年秋季レース(13) o 0.683% 9.25% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
0.000(0)
2014年夏季レース(13) m -0.615% -7.73% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年春季レース(13) p -2.441% -27.46% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2014年新春レース(13) p 0.308% 4.07% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年秋季レース(13) p 1.069% 14.81% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年夏季レース(13) p 0.239% 3.15% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年春季レース(13) m 4.396% 74.92% 0.538(7)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2013年新春レース(13) m 0.806% 11.01% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2012年秋季レース(13) o 3.497% 56.32% 0.615(8)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.231(3)
2012年夏季レース(13) m -1.627% -19.19% 0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2012年春季レース(13) p -1.341% -16.11% 0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.538(7)
2012年新春レース(13) p 1.520% 21.65% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
2011年秋季レース(13) m 3.167% 50.00% 0.462(6)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2011年夏季レース(13) m -0.977% -11.97% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
2011年春季レース(13) o 0.421% 5.59% 0.615(8)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
2010年秋季レース(13) o 0.285% 3.80% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.077(1)
0.077(1)
2010年夏季レース(13) m -0.488% -6.17% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2010年春季レース(13) p -3.317% -35.51% 0.308(4)
0.077(1)
0.154(2)
0.154(2)
0.000(0)
2010年新春レース(13) p 0.146% 1.92% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2009年秋季レース(13) p 0.650% 8.77% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.692(9)
0.000(0)
2009年夏季レース(13) p 1.044% 14.44% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.538(7)
0.000(0)
2009年春季レース(13) p 6.892% 137.85% 0.538(7)
0.308(4)
0.077(1)
0.077(1)
0.154(2)
2009年新春レース(13) p 3.495% 56.33% 0.692(9)
0.154(2)
0.000(0)
0.769(10)
0.000(0)
2008年秋季レース(13) p 1.825% 26.47% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
0.615(8)
0.385(5)
2008年夏季レース(13) p 3.196% 50.53% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
0.846(11)
0.000(0)
2008年春季レース(13) p 0.303% 4.01% 0.462(6)
0.154(2)
0.077(1)
0.846(11)
0.077(1)
2008年新春レース(12) p 0.781% 9.81% 0.583(7)
0.083(1)
0.000(0)
0.750(9)
0.000(0)
2007年秋季レース(13) p 4.705% 81.76% 0.462(6)
0.308(4)
0.077(1)
0.462(6)
0.000(0)
2007年夏季レース(13) m 1.414% 20.05% 0.692(9)
0.000(0)
0.000(0)
0.769(10)
0.000(0)
2007年春季レース(13) o 1.327% 18.69% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.692(9)
0.000(0)
2007年新春レース(13) o 0.064% 0.83% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.538(7)
0.000(0)
2006年秋季レース(13) o -0.830% -10.27% 0.462(6)
0.000(0)
0.077(1)
0.846(11)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2022年秋季レース

節の成績

勝率 0.778
節あたりの上昇率 2.312%
通算成績 22.84%
異次元の円安とか言ってる評論家がいるんですけど
全然そう思わないんですよね、誰が実需で円など買いますか??
遊びに来る外人観光客が両替する程度ですよね
昔の高品質輸出産業はかなり海外生産拠点化が進んでますし
輸出で大きく稼ぐ国ではなくなりました。

人口減少、貿易赤字これが解消にならない限り日本は確実に落ちぶれていくわ
けですし昔の1ドル360円に戻っても全然不思議ではないんですよね
多分今後、馬鹿みたいに為替介入しどんどん外貨を減らしていきますから
そうなれば日本へ輸出している国々はドルや資源の裏付けがない通貨での取引
はしなくなると思います
そうなった時はハイパーインフレになりますからどこまで円が暴落するのか予
想不可能ですね
ALLドル取引を要求された場合どうなるか
まず国民は自由に海外旅行ができなくなりますし
出ていける国民は出稼ぎ労働者として外貨を日本に送金することが条件になる
でしょう、大谷選手のような海外資産形成は許されません
外国で自由に活躍したいなら亡命するしかないでしょうね
それと外貨を融通するために国債の海外発行が進みべらぼうな高金利で外国人
から借金することになります
これは今の中央集権官僚国家を維持する限り国家予算が減少することもあり得
ませんから必ずそうなります
予算削減を容認する省庁などありませんし、その場合は国民の預金引き出しも
制限されます
国会議員の大幅削減やら地方分権などできるならとっくの大昔にやっているは
ずですよね
はるか昔から少子高齢化人口減少になるのはわかりきっておりましたから
老人政治家は自分が生きてるうちは面倒な事はやりません
革命を起こせる国民性でもありませんし
異次元の金融緩和を止め金利を少しでも上げると銀行の与信が厳しくなり倒産
が激増するでしょう
しかしこのままでもどんどん円安は進行いたしますから
何をやってもひたすら地獄に進む国家なわけで、食品売り場にはモドキ食品が
数多く並ぶことになります、ご愁傷さまです

さて萩原工業ですがこれは週足で見ております1650円あたりから1050
円まで下げて週足でWボトム形成かという位置ですね、ここ最近は出来高も増え
てきて可能性は高まっておりますが
問題は今月の権利落ち後ですね
一応わずかに買っておりますが本格買いは権利落ち後の値動き見て決めたいと
ころです。
観光立国なんて言ってる国で財政が安定してる国があるんでしょうかね?
ギリシャの財政危機がありましたしイタリアのEU加盟に至っては財政問題をク
リアするためにマフィアの地下経済、麻薬売春密輸窃盗などの収益を無理やり
GDPに反映させて基準を満たし犯罪立国となってしまいました
ですから観光庁ができた時も日本の落ちぶれを確信いたしました
自国経済は売る物がありません外貨が必要です、遊びに来てくださいと世界に
懇願してるようなものです
日本のおもてなしとは卑屈な物乞い行為に感じます、これを翻訳すると
永住は断固お断りですが短期間に金を使いさっさと帰ってくれるなら特別に親
切にいたしますよということです
自国のローカルルール文化に染まらない他民族を排除したがる典型的な民族で
すから移民は断固お断りでしょう

ソープランドが管理売春でパチンコが賭博なのは常識なんですが解釈論で合法
化して暴力団から警察へと利権を移行させ暴対法でやくざに表のしのぎをやら
せて納税させてますから
あまりイタリアと変わらないのかもしれません

観光庁が設立されたのがちょうどスマホが出始めた時期と重なります
たぶん古臭い団体旅行、社員旅行、修学旅行、温泉土産、駅前で旅館の旗持ち
のイメージで考えたものでしょうが
ちょっと先を予想することさえこの国には無理なんですよね
いまや日本に来る観光客は事前にNET情報を入手し日本人以上に詳細に調べて行
動計画を作って勝手にやってきますから
スマホ時代に観光案内も交通案内も通訳も必要ありません(どれもアプリで対
応)自分に合った行動を効率的に遂行しますから
無駄がありません、つまりムダ金は使わないんですよ
さらに今後は旅行もバーチャルになってくると思いますし現実にはできない世
界観光が可能になります
航空機が排出する二酸化炭素も今後大きな問題となってくるでしょう
人が動くことなく回る世界経済になってくるはずです、引きこもりタイプが多
い日本ではなおさらでしょう
いつもどこかピントがずれて時代遅れの発想しかできない国でいったん出来て
しまった役所は必要なくなってもなくすのが大変です
公益法人、外郭団体、行政法人どんどん国家予算を食い物にしていきます

さて先週、空売り候補で銘柄探しをしていて見つけた銘柄があまりにもあから
さまに買い上がっているのを見て思わず逆に買ってしまいましたww
何か材料があったわけではないようです、今週の決算情報を入手したのか
あるいは何かこれからニュースが出るのかわかりませんが
ここまであからさまですので便乗いたしました
決算よかろうが悪かろうがこんな買い方してしまったらもっと株価を釣り上げ
てやらないと益出し売り逃げはできんでしょう
会社はどうにもならないですね上場に値しません
従業員900名、支払い人件費は時価総額をはるかに超える金額になります
人権やハラスメントに厳しく社内失業者にとっては天国企業ですけどね
輸出比率が高く円安効果は多少ありそうですが国内で効率の悪い経営をしてい
る致命的な会社です
買いたくはなかったが直感で買ってみましたのでマネしないでください
私はもう買いません
先週は遊んでしまって成績がダダ下がりですね
マネするなと書いておいて正解でしたww
挽回するにはボラが大きい銘柄しかないですよね
そこで今回は私のデイトレ銘柄でいきます
マスクマンだらけの薄気味悪い国ですが貧乏国ならではの低物価と外人コンプ
レックスによる過剰親切な国ということで
来訪者は増加しそうですし、その関連銘柄でもあります
週末が上がってしまい選択しづらいのですが
ソースネクスト、現時点でポジションはありません
月足週足日足どれも下値は上昇トレンド
買い方は下値を静かに切り上げておりますので25日線付近
最近は陰線が多いので寄り付き特買いになる場合はすかさず空売りで入りまし
ょう、多分月曜は陰線マイナスで私の成績はさらに悪くなると思います
280円割れで買って1泊させてもいいかもしれません
下値を切り上げているうちは350円あたりまで追いかけてみようと思ってお
ります

お世辞にも割安とは言えませんし、いつ崩れるかも予想できませんのでデイト
レもしくは1泊限定銘柄と割り切りましょう
材料としてはポケトークという翻訳機、これが同時通訳機能で向上いたします
ただ日本人は円安もあって今後海外旅行ができる身分ではなくなりますが海外
訪問客受け入れ施設などでの販売が見込めます
またこの製品海外展開されておりますので世界の渡航制限解除による効果は上
がってくるでしょう
現時点の株価はまだ6月の高値付近ですし材料の折込は十分できていないと判
断できますのでまだ上昇余力はあるとみております
日本の内需に限れば今後高齢者の増加に伴ってこの会社が手掛ける難聴者との
会話を可能にする筆談機のほうが需要が出てくると思われます
ザラバを見られない人はやはり真似はしないでくださいねww
少し前から気になっていたことを書かせてもらいます
阿保な愛国歌手が北海道の土地を外国人に売るなと主張しファンから称賛され
てるということです
一方的な自分の愛国感情だけで語っているわけですけど
では何故北海道の土地を外国人に売らないといけないのか
売り手の心情に全く配慮していないノー天気発言ですよね
私は北海道出身ですが生まれてから1度たりとも北海道経済が好調だと思った
ことがありません
これは沖縄にも言えることですが
バブル経済の時でさえ自分が生まれ育った土地の価格が上がった記憶がないで
すね、人口2〜3万以下の市町村はほとんど公務員とその関係者で経済が支え
られている感じです
国からの交付金援助がなければ成り立たない麻薬漬け経済ですね
これは日本の一極集中の弊害で多くの企業が東京に本社を置かなければならな
い等、何をやるにも東京で会議し所轄官庁に届け出をし許認可を受けなければ
ならないという社会構造にあるわけです
地方行政の要望も官僚の顔色伺いながらの陳情でまたしかり

多分北海道も沖縄も独立行政に移行させればアイデアが豊富に沸いて今よりは
るかに豊かになるでしょう
北海道以下の経済規模で立派に国家として成り立ってる国もあります
その中で相続税などが発生すると国は冷血に現金納付を求めてくるわけです
持ち合わせがない納税者は途方にくれます
売るに売れない買い手が全く現れない土地
融資の焦げ付いた土地、後継者がいないので事業をたたみたいが資産を現金化
できない、従業員に慰労金や退職金も払えない
北海道の地銀信金など青色吐息でしょう

そこに救世主が現れます、時価よりも高く買い取る外国人様
弱り切っていた売り手も地銀もこの救世主に救われるわけです
もうこの外国人様には足を向けて寝られません
少なくない道民が外国資本よって助けられ首くくりから救われているわけです
国もこれで収税できるわけですからこの件では何も言いません
愛国歌手は住民に土地を売るなという前に国会議事堂前でギターを弾いて大元
根幹の病巣に訴えるべきでしょう
金儲けで売ってるわけではないしバブルも土地ころがしとも無縁な純粋無垢の
土地柄なんですね
この歌手がどんなに訴えようがファンが称賛しようが抜本制度改革がない限り
は正当な経済活動が変わることはありません
歌手もそのファンも物事の表面しか見えないただの薄ぺら馬鹿野郎共でしょう

それと開拓者が苦労して作り上げた土地だと美辞麗句を並べておりますが
北海道の歴史は開拓者に期間ノルマを課し達成できなかった土地を容赦なく国
が召し上げ開拓者を路頭に迷わせ
その多くを本州の投資家に濡れ手の泡で下げ渡し
アイヌから略奪し強制同化でほとんど絶滅に追いやり
防寒服もない囚人による強制労働、朝鮮人や失業者を騙して動員したタコ部屋
監禁強制労働で開発され
今でも道路やトンネルの大規模補修などでは虐待され使い捨てにされた労働者
の人骨が出てきます
このアホな歌手の口からその暗黒歴史が語られることは永久にないでしょう
というかどれほど勉強しての発言かも疑問です
ただの夢見る国粋主義者です、反吐が出ますね
こいつの出身地を見ると琉球王国を侵略しておいて日本は単一民族だと思って
いる馬鹿が多く住む地域ですからさもありなんww
日本が成長経済だったころのフォークロックシンガーは反体制、反戦でしたが
今は貧乏国で落ちぶれ、国粋主義に移行してるのが薄気味悪いです
こういう日の丸馬鹿が増えていくとどんどん暗黒社会に突入していきそうです
円安は当然!!
今後、外国資本により東北地域の人々も救われることを祈っております

さて長くなりましたので三陽商会の選択理由は次回にします、無視してくださ
い、ちゃんと理由を説明している方の銘柄を優先しましょう。
日本は落ちぶれ人口減少内需国、投資を呼び込まなければならないし外貨も稼
がないと生きていけません
そんな中せっかく日本に投資してくれる外国人を馬鹿にするように「土地を売
るな」とほざいてる頭のおかしい芸能人のエピソードを前回紹介いたしました
こいつこそ愛国仮面をかぶった真の国賊と言っていいと思います
もっと言うなら特定の国の外国人にだけは売りたくないと考えている民族差別
主義者かと思われます
日本人でさえ投資をしようと思わない落ちぶれ国に投資してくれるのだから
本来なら涙を流して感謝しなければなりませんよね
日本の優良資産を所有するのは法人です、その法人に外国人投資家を呼び込む
ことに国は熱心であるのだから

そんな投資してくれる外国人もおりますが当の日本人はどんどん海外に脱出し
ております、政治経済に口出しをするけど自分では国内に金を使わない小ずる
い芸能人、有名人が増えてきてます。
その中には日本で稼いでいるにもかかわらず現住所が海外というケースも多く
なっております
日本に出張している形で宿泊、飲食、交通費、交際費を経費にして残りを税率
が低い海外で納税という形でしょう
しかしこの円安ですから生活の実態は日本にある仮住居でしょうね、こすっか
らく上手に使い分けるわけですww

大企業の社長、取締役の中にも海外が現住所という方が続々登場しております
近い将来の相続税地獄から逃れるために今のうちから対策準備をしておこうと
いう判断で金持ちがどんどん逃げていくわけですね
その結果日本の海外資産がどんどん膨れ上がっております
日本人の中にはこれを単純に喜んでいる馬鹿もおりますが
何のことはないすべて日本を逃げ出した資産であるわけです
もう戻ってくることはないでしょう

そんな日本脱出の先駆けともいえる方が旧村上ファンドの村上世彰氏
現住所はキャピタルゲイン課税がゼロのシンガポール
この方を一躍有名にしたのが東京スタイル事件
物言う株主として放漫経営の会社とプロキシファイトを繰り広げ僅差で敗れは
しましたが会社は誰のものかという問題提起を引き起こし一世を風靡しました
その後、東京スタイルが他社に吸収され、その吸収した会社もすでに無くなり
落ちぶれ国のアパレルがどんどん消滅していくわけです、レナウンもまたしか
り。
日本の流行が大人のファッションからアニメのコスプレに変わるわけです
貧乏国では致し方ないでしょう。

そんなアパレルの三陽商会、百貨店の営業平常化とインバウンド効果、価格帯
の見直しで浮上しそうですが
やはりそこは落ちぶれ国ですから将来性には疑問符が付きますしTOPIXからもは
じき出されます
しかしここには隙あらば身売りを要求する物言う外国株主が存在し常時目を光
らせ経営陣を見張ってくれております
今後も一波乱ありそうな予感がしております
株価は昨年の高値を抜けようとしてきてます、外部環境が好転してますのでこ
のまま上昇と予想しております。
日本は人口減少なんですが在留外国人の数は逆に静かに増えてきております
もう人口の2%は外国人となっております
日本は移民政策は行いませんので海外からの労働者、留学生、旅行者など訪日
期間に家族ができ定住したものですね
その間に子が生まれると親はいつでも祖国に帰れますが日本で生まれ育った子
供は日本しか知らないわけですから
外人と言っても非常に中途半端な存在となります
特に日本は排他的社会ですから就職や公民権で日本人とは区別され格差があり
ます、学校でいじめにも会います、自分のIDがどこにあるのか自信が持てなく
なります
これでかなり不満が蓄積されますね、ギャングになってしまうのも致し方あり
ません、そもそもそのような人権に配慮するシステムが機能しない社会ですか
ら、そして私はこの不満エネルギーに期待しております
作りすぎた大学も学生不足で生き残りをかけ海外からの留学生受け入れ推進に
かじ取りをとることになります
円安もこれに追い風となるでしょう
ただ日本の国際大学ランキングは低いのでやってくるのは当初はアホ学生ばか
りでしょうけどねww

日本人はどんどん減少していき外国人の数が5%になった時、その数はもう無
視できないものとなるでしょう
国籍法、選挙法、公務員法様々な社会システムが改正されてくるでしょう
時間はかかりますが日本人の繁殖率が落ちてますのでいずれそうなります
私も含めてですけど気色の悪いガラパゴス民族の血が薄まり少しでも国際基準
に近づいてくれればいいと思います
おもてなしと言って短期で金儲けの手段として都合よく外人を受け入れようと
しても結果的に移民受け入れと同じような効果が少しずつ出てくるわけです
日本を変えてもらうにはやはり外圧だけが頼りです

さて三陽商会、2月権利月で配当利回りもよいですからまだ売り圧力は大きく
ならないと思われますので継続
この国の経済対策とは何を目指してるんでしょうか?
まずやんなきゃならないのは数十年続くデフレとの決別宣言だと思うんですが
・・
しかしやってることは金融緩和を維持し続け、物価安と人件費安の元凶である
ゾンビ企業を救済し、デフレ脱却の大いなる救世主である円安を忌み嫌い為替
介入する
この国の不幸は未来のために国民に痛みを伴う改革を訴える政治家がいないこ
とと不満ばかり言ってるくせに選挙には無関心な国民ですよね
実に笑える国家であります
よく言われる糞みたいな和の精神が最悪の形で具現した優柔不断国家なわけで
金利を上げ、円安もあえて容認すればあっという間にデフレ脱却となるおいし
いニンジンが今ぶら下がっているわけですけどね
それによって大倒産時代がいったん訪れるかもしれませんし失業者も増えるで
しょう、国民も怒りまくるでしょう、それでも未来にツケを回す過剰な救済策
はあえて取らない
そんなハードランディングを嫌い問題先送りにしてきた結果、今のOECDほぼ最
貧国の状態と財政赤字に陥っているわけです
いまだに過去において潰すべきだった金融機関を救ったために大きなツケも残
っております

経済をL字回復させたいのか、それともこのままの鍋底地獄国家でいいのか訳
が分かりません!
この先、一番割を食う若者が怒っているように見えない楽天的社会主義国家な
のですから多分このままでいいのでしょうねww

さてそんな中、長期金利や住宅ローンがやんわりと上昇してきております
この先、日銀もいつまでも低金利は維持できないと市場は見ているんでしょう
か、市場をコントロールするのが金融政策なんですがこの国では昔から市場に
催促されてからようやく重い腰を上げるのが、お家芸となっており本末転倒で
あります、中央銀行の体をなしておりません
実行しても後出、小出しで全くインパクトもありませんしね

もし金利上昇となれば銀行株の出番ですし
毎年この時期からは銀行株で儲けてますので今回選択いたしましょう
右肩上りか下値切り上げチャートで配当利回りが高い銘柄ならなんでもよさそ
うですので探してみてください
わたしはDAYでもSWINGでも行ける、みずほにしときます
日本は3ヶ月ごとに人口10万人都市に核攻撃されているようなペースで人口
が減少しております
(5割の人間が即死亡し2割が半年以内に死亡すると仮定)

この消費縮小社会で内需産業は牌の奪い合いで競争を強いられるわけです
他社より製品価格を抑えその分経費を削り薄利で辛抱して生き残る
これが物価安であり人件費の抑制に働くわけです
つぶれる会社もありますがこの超低金利ですからすぐに新手が現れます
飲食店など居抜きの安物件が出回りますから次々に潰れては新規参入の繰り返
しですね、今や日本の内需産業は小粒で体力がない企業(ゾンビ)ばかりが生
み出されてます
どこかでこの悪連鎖を断ち切らない限り経済再生は出来ないでしょう
ですから内需に投資などなかなかできるものではありません
どうしても投資するとすれば独自の生品技術があり一定のシェアと価格設定権
がある企業ということになります
許認可制で競争相手が限定されている産業などが給与を高く設定できるのもそ
ういう原理ですね

それでも人口が減少していく限り安泰はありません
常に競争相手をつぶすか吸収できる強みを持つ会社でなければ先細りは必然で
す、さらに大企業ではなく中小で成長力がなければ投資としてはあまりうま味
がないでしょう
日本から独禁法に抵触するような企業がどんどん生まれてこない限り経済大国
に返り咲くことは無理でしょう
そんな攻撃力を秘めた中堅企業で参りましょう

東京鐵鋼は建設用棒鋼関連で大きなシェアを持ちながら設備投資にも強気で挑
みます
つまりは同業他社を食いつぶすなり提携させるということです
さらには今後、海外展開と貪欲な姿勢を打ち出しております
外資が2割いますので今後増配も行われると見ます
財務も良好

株価は10月末の決算のあと保ち合いを抜け出し
現在は小康状態、日々の出来高は2万もない状態
7日の陽線が長く出すぎたため1360円くらいまでの調整はあってもいいと
思います
買いにくいですがザラ場で辛抱強く指値買いしてますので
よいのではと思われる方も同様の買い方でどうでしょうか
経済文化はガラパゴスでもサッカーではかなり国際基準に達してきたようです
ね、私がまだTVを見ていたころ国際試合では日本代表とは決定力が無く流れの
中で点を取れず、かろうじてセットプレーで点が入れられるもののPK合戦にな
るとメンタルが弱くまず負けてましたね
ですからJリーグが発足するまで韓国にも適いませんでした
しかし国内リーグだけでは世界に通用しません
多くの選手が海外リーグに参戦してようやくなんとか世界ににアピールできる
ようになったわけです
「ドーハの悲劇」と言われる試合も見てましたがあれは別に悲劇ではなく必然
でした、アジアから出るのは韓国のほうがはるかにふさわしい国でしたから
その後アジア枠が1個増えたことでようやく実力のない日本でもお情け出場でき
るようになったわけです

「そんなことないだろ少なくとも経済は80年代世界を躍進していただろ」
という人もいるかもしれませんが
あの頃は政官財がスクラム組んで癒着べったりでした
政治献金賄賂接待が飛び交い政治家の特定企業に対する利益誘導もあからさま
でした、銀行や一流企業が暴力団の手を借り地上げしたり、総会屋に対する利
益誘導も当たり前でした
公共事業では談合がはびこりその多くが役人も加担する官製談合でした
地方での企業誘致や公共工事ではほとんど政治家がキックバックで甘い汁を吸
い上げてました
私が株を始めて間もないころ証券会社が大口顧客に当たり前のように損失補填
していて、これに文句を言ったら窓口の女性社員が
「お得意様を優先するのは会社として当然のことです」
と悪びれずに言い放ったことは今でも忘れも致しません
個人投資家がゴミと言われていた時代です

ですから官僚も政治家も産業振興に向ける財政支援も今の比ではありませんで
した、他の自由主義経済国から見ればかなり不公正競争経済に見えたでしょう
今の中国経済のほうがまだ自由公正かもしれません
その後、暴対法や政治献金規制法の大改正があり、労働時間も多くの国と同じ
く週休2日制になり
ちょっと公明正大な当たり前経済国家になると途端に落ちぶれてくるわけです
ww、世界基準で戦えばやはり経済でも見劣りする国家なわけです

プロスポーツの分野でいち早く国際基準に達したのが競輪の中野浩一さん
同時代の王貞治氏が国民栄誉賞第一号を受賞した頃、世界的競技人口を誇る自
転車で無敵を誇りました
ヨーロッパ、南米では絶大な知名度で、今でも中野さんが海外に出れば尊敬の
まなざしを送られてます
プロアスリートで初めて1億円プレーヤーとなったのも中野さんです
俳優の世界でも世界から認められ尊敬されたのは三船敏郎さん
しかし日本ではこの国際基準が認識されることはなく2人とも国民栄誉賞にも与
っておりません
黒澤明さんは受賞しておりますが本来はこの方が王氏よりはるか以前に受賞す
べき偉大さで何をいまさらという感じでした
ですからイチローさんや大谷選手がこの賞(井の中の蛙賞)を固辞してるのは
実に小気味がいいものです
彼らは明らかに国際基準以上の人材ですからこの賞のありかたに何か違和感を
感じているのでしょうね
何が言いたいのかと言いますと
本来評価されるものが適正に評価されずただ自国の大衆受けするかどうかだけ
が判断となっている未熟国家というわけです
いまだに年功序列で役職や給与が決まりPCも使えない役員が威張りくさって
いる会社も多いと思います
銀行融資の基準も人や発想を見るのではなく担保があるかないかが最重要
判断能力の欠如が著しく、ですから優秀なベンチャー企業など育ちません
今までどれほどの才能が無駄に埋没してきたことかを考えるとやりきれなくな
ります

さて東京鐵鋼ようやく1月高値を抜き年高更新です
この会社は上司が率先して定時退社を心掛ける国内企業にあっては国際基準対
応ですね
取り巻く環境は年初より改善してますのでまだまだ上値余地はありそうです
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 m ビビ太郎 萩原工業(7856) 1045円 1055円★ 0.96% 0.96%
第2節 m ビビ太郎 津田駒工業(6217) 514円 470円★ -8.56% -7.68%
第3節 m ビビ太郎 ソースネクスト(4344)10/19引け確定 287円 333円 16.03% 7.12%
第4節 m ビビ太郎 三陽商会(8011) 1122円 1162円 3.57% 10.94%
第5節 m ビビ太郎 三陽商会(8011) 1162円 1181円 1.64% 12.75%
第6節 m ビビ太郎 三陽商会(8011)11/08引け確定 1181円 1281円 8.47% 22.30%
第7節 m ビビ太郎 みずほフィナンシャルグループ(8411) 1614円 1630.5円★ 1.02% 23.55%
第8節 m ビビ太郎 東京鐵鋼(5445) 1389円 1446円 4.10% 28.62%
第9節 m ビビ太郎 東京鐵鋼(5445) 1446円 1381円 -4.50% 22.84%
      節あたりの上昇率     2.312%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ