AS Wind

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 305.04%
(=4.05倍)
節あたりの上昇率 0.826%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
15.3%
(30.6万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(170) - 0.826% 19.43% 0.482(82)
0.147(25)
0.088(15)
0.118(20)
0.000(0)
2022年夏季レース(6) o 0.151% 0.89% 0.500(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2022年新春レース(13) p -2.187% -24.98% 0.462(6)
0.000(0)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2021年秋季レース(13) m 2.668% 40.81% 0.538(7)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2021年夏季レース(13) m 0.136% 1.79% 0.538(7)
0.077(1)
0.077(1)
0.231(3)
0.000(0)
2021年春季レース(13) o 0.934% 12.86% 0.462(6)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2021年新春レース(13) m -3.476% -36.87% 0.308(4)
0.000(0)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
2020年秋季レース(13) p -1.627% -19.19% 0.385(5)
0.077(1)
0.077(1)
0.462(6)
0.000(0)
2020年夏季レース(13) m 6.901% 138.13% 0.615(8)
0.385(5)
0.000(0)
0.385(5)
0.000(0)
2020年春季レース(13) m 1.506% 21.43% 0.462(6)
0.154(2)
0.000(0)
0.385(5)
0.000(0)
2020年新春レース(10) p -5.615% -43.88% 0.500(5)
0.100(1)
0.400(4)
0.000(0)
0.000(0)
2019年秋季レース(13) p 2.570% 39.08% 0.692(9)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年夏季レース(13) p 0.179% 2.36% 0.462(6)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2019年春季レース(12) m 5.827% 97.33% 0.417(5)
0.250(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年新春レース(12) o 2.984% 42.31% 0.417(5)
0.333(4)
0.083(1)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2022年夏季レース

節の成績

勝率 0.500
節あたりの上昇率 0.151%
通算成績 0.89%
ご無沙汰しております。
前回のレースは本職が忙しい中で銘柄登録を失念して出場辞退するという顛末
でした。。
また出直しで頑張ります。

ここ三ヶ月の流れは非常に厳しいものでした。
その中で結果を残されている出場者の方々には敬意を表します。

欧米が急激なインフレから利上げに踏み切ったことで年明けから逆金融相場に
突入してます。まだまだ底は見えていない感じです。
一方で日本は金融緩和の姿勢を崩してません。
世界の金融政策の中で一人異次元の世界にいますが、コレが吉とでるのか。

また成長株は先行して下げた結果、ほぼコロナ禍の底に近いところまで売られ
ました。限界に近いところからいつ浮上するのかという状況です。

一旦は欧米の利上げを全て織り込む辺りが反転ポイントかもしれません。

今節選択したビーイングホールディングスは北陸を基盤とした運送会社です。
ICTを駆使して差別化を図り業績を伸ばしています。
古い業界ですが、従来のやり方ではこの厳しい環境下で生き残るのは厳しく、
従来企業が淘汰されていく中でシェアを確実に伸ばしてくると思います。今後
も当面は同じビジネスモデルで急速に展開を進めていけるので業績も大きく伸
びるでしょう。

株価は6月末に1,339円まで下げた後、回復基調。
先週は市場が厳しい中、10週移動平均をブレイクして引けました。
市場が下げるとしても大きく崩れずに今後も回復基調になればなと思っていま
す。
時価総額も小さく、本投資においては長く保持したい銘柄です。
今節は継続です。
寄付きが高く始まってしまったので週足マイナスになりましたが流れは悪くな
いと思います。時価総額が低く流動性が低いのでボラティリティは高くなりが
ちですが、耐えるしかないですね。
市場はマザーズ指数が上昇傾向ですが、米国市場はまだまだファンダメンタル
ズに不安があります。どこまで影響を受けるか様子を見ながらの相場が続きそ
うです。
- 今節も継続です。
先週はコメントできずに失礼しました。

先週のマザーズ指数は上昇基調で節目と見ていた700を越えてきました。一旦調
整するとして700で底を固めることが出来るかどうかは今後の成長株の流れに影
響を与えると見ています。

当銘柄も週寄付きから上昇しましたが、その後は揉み合い。来週は上昇が継続
するかどうかを確認する感じですね。

ファンダメンタルズ的には月次売上は順調。成長は長期間続きます。まだまだ
時価総額、流動性が低くく個人投資家が中心の需給ですが、大口が絡めば大き
く化ける素地はあると思います。
今節も継続です。
先週成長株の流れは上昇に転じた形。10週移動平均線をサポートに中長期的な
リバウンド相場になればなと思ってます。
ビーイングですが木曜日に5月からの揉み合いを上抜け。金曜日も下がらずに引
けました。このまま水準を保てれば上昇の流れを掴めたかもしれません。
外国人投資家が参入してくれるといいんですが。もうちょい流動性があがらな
いと厳しいかな。。
引き続き継続です。

市場は再び28,000台ですが三月からの反発局面で過去二回はここから下落。今
回は突破できるか。市場の勢いを見る上では大事なポイントかなと思います。
成長株は700をしっかり突破してます。次の節目となる843まで順調に上昇する
流れを期待したいです。

米国市場は引き続きリセッションや利上げでファンダメンタルズに爆弾を抱え
た状況なので日本よりも予断を許さない状況です。急落した時は日本市場の底
固さを確認する感じですね。

ビーイングの動きは相変わらず流動性が低くてハイボラな感じがヒヤヒヤさせ
ますが、先々週のブレイク水準をなんとか保ちました。流れとしては嫌いなパ
ターンではないので余程市場環境が悪化しない限りは継続したいと思います。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 o AS Wind ビーイングホールディングス(9145) 1555円 1496円 -3.79% -3.79%
第2節 o AS Wind ビーイングホールディングス(9145) 1496円 1497円 0.07% -3.73%
第3節 o AS Wind ビーイングホールディングス(9145) 1497円 1539円 2.81% -1.03%
第4節 o AS Wind ビーイングホールディングス(9145) 1539円 1605円 4.29% 3.21%
第5節 o AS Wind ビーイングホールディングス(9145) 1605円 1585円 -1.25% 1.92%
第6節 o AS Wind ビーイングホールディングス(9145) 1585円 1569円 -1.01% 0.89%
      節あたりの上昇率     0.151%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ